スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティップラン(スパ釣)を始める方へ

ご訪問ありがとうございます(@^▽^@)ニコッ

ブログ村ランキングに参加中です
よろしければポチっとご協力をお願いします♪

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村



今日はスパ釣(ティップラン)をやってみようかな~って方向けの記事なので、全く関心ない方はスルーして下さいね。





あ!


ポチッだけはしていって下さいね!(爆)







ということで、ひょっとしたら今週ボーエギでコラボするかもしれない方もいるのでその方たち向けの記事と同時に、やってみたいけどよく分からんしタックル揃えてまでは・・・という方のための記事です。




まず、どういう釣りなのか




①エギを船の真下に落とします。


その時にリールから真っすぐラインを出すと着底が分かりづらいので、竿を左右に振ってラインスラッグを出して下さい。
(上下に振るとティップにラインが絡みますよ)


糸ふけを水面に作ることでエギに引っ張られるラインが止まったら着底の合図です。


陸っぱりでもそうやって着底を見てる方もいらっしゃると思いますけど、船の場合は陸からと違い船が流されてるので、ラインの動きが止まってもすぐに又引っ張り始めますので見逃さないようにして下さい。


特に風が強いとラインの動きが止まるのは一瞬だけだったり、止まった瞬間が分からない場合もありますが、よく見てるとラインが潮になじむ瞬間がありますので、そこが着底のタイミングです(潮に馴染んだ瞬間が分かるようになるのはちょっと経験が必要かも。。。)



②着底したら底を切りシャクリます。


着底の確認が取れたら余分なラインスラックを回収してシャクリに入りますが、ここで重要なのは根のある場所だとのんびりしてると根掛かります。特に根の荒い場所だと着底から底切るのに1秒以上かけたら速攻根掛かりしてしまいます。。。


コツは着底と同時にリールのハンドルをパーンと弾きラインスラックを回収しつつ、ロッドを一度跳ね上げて下さい。
そうすることで糸ふけ量が多くても少しはエギが動きますから、そのまま放置状態よりは根掛かり率は激減します。



更に予断ですけど、これ何度かやってるとテンションかかってない状態でラインを巻き取ることになるので、バッククラッシュ等のライントラブルが発生する恐れがあるので、何度かやった後は10号とか20とかの錘を軽くキャストして巻き取る等、一定のテンションで再度ラインをリールにまき直すと良いと思います。
面倒でしょうがライントラブルに合うよりはよっぽどマシです。


そして、着底が確認取れて余分な糸ふけ取ったらシャクリます。



③シャクったら同じくラインスラック回収してテンションフォールの要領でテンションかけてアタリを待ちます。

船が流されてるので、勝手にエギが水平移動してます。


このアタリを待ってる時にロッドをバタバタさせないように気をつけて下さい。


これは陸っぱりでも同じですけど、ロッドを動かす=エギがバタバタ動くということですから、バタついてるエギにイカはなかなか抱いてくれませんので。


特に陸っぱりと違い船の揺れがありますので、肘で揺れを吸収しながら極力エギを安定することに努めて下さい。


ちなみにシャクリに関してはどんなシャクリ方でも良いです。
その時その時でイカのスイッチが入るシャクリを色々試してみて下さい。
その辺は陸っぱりと同じです。


ただし、かならずシャクった後はテンションかけるということは忘れないで下さいね。




④アタリが合ったら即合わせして下さい。

いいですか!!即合わせですよ!!

イカがしっかりエギに抱きついてから合わせる・・とか言ってる人がいるらしいですが、そんな気前のいいことする必要ありません!!

即合わせです!!


この釣りやったことない方でも陸っぱりからのエギングでもテンションかけてティップでアタリを取ってる方は分かると思いますが、イカはエギを触ったり離したりします。それも何度も繰り返します。

なのでアタリが合ったら即合わせです。



⑤アタリがなかったら再度着底させて、又①からの繰り返しです。




ただし、何度か繰り返してると、かなりラインが出ますので着底が分かりづらくなってきます。



慣れるまでは着底が分かりづらくなったら、面倒でもいったんエギを回収して再度落とし直した方が良いです。



これが面倒だからという理由でエギをどんどん重くする方が多いようですが、エギを重たくすればするほどアタリが取りづらくなるしアタリそのものが作れない原因にもなります。



私が重いエギに頼りすぎることに反対する主因です。







簡単ですよね?



落としてシャクって待つ。



この繰り返しです。



まぁ言ってみれば陸っぱりのテンションフォールの要領で、テンションかけてるのでティップでアタリを取るということです。





船はドテラ流しといって、風に対して船を真横に向けてドリフト走行みたく横走りさせますので、キャストしなくても勝手に次々と新たなポイントに入りますので、キャストする必要はありません。



ただし、無風状態で船が全く流されない時はエギも水平移動しませんので、その場合はその都度エギを回収してキャストしながら広範囲を探した方が効率が良いです。



陸っぱりのように基本的には粘りません。



粘るのが悪いんではなく、エンジンという機動力がありますので、回遊待ちのようなことはせず、群れが濃くやる気のあるイカをテンポよく探す方が手っ取り早いからです。



ちなみに私は陸っぱりでは、全くといっていいほどランガンせずにとことん粘る派ですので(笑)





通常の陸っぱりのエギングロッドはシャクリ重視で固めのロッドが多いんで、それだとアタリが取りづらいということとロッドが長いと船の上では扱いづらいというのがあるので、専用ロッドがあるにこしたことはないんですが、いきなり購入するのも抵抗があるでしょうから、遊魚船に乗る時はまずレンタルすることをお勧めします。




マイボートや知人のボートに乗る時はレンタルがありませんから、エギングロッド以外に30gくらいを水深30mからドテラで流してシャクっても大丈夫な先調子でティップが繊細なロッドがあれば、それを試してみるのも有りだと思います。




一番良いのは穴が開くほど・・・









スパイラル釣法のDVDを見る!!




これが一番です(笑)





なぜなら今私が言ったことは







ぜ~んぶスパ釣のDVDでイカ先生が言ってることですから(笑)





ほとんど友人向けの記事ですいません^^;






今日も最後まで読んでいただき感謝します
゚+。゚感謝★☆(´∀`人)☆★感激゚。+゚

1日1回挨拶代わりにポチっとご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~(*^_^*)

おぉ~!!!
解説有難うございます♪

ポイントは、いかに着底の瞬間を察知するか、
アタリをとるか、ってこの2点ですかね~???

諸々と明日にでもまた連絡しますね~♪

kawazoさんへ

こんばんは♪

中層とかに浮いてるイカもいるんで
着底させなくても釣れる場合もあるとは思うんですが
釣れたという感覚だとやっぱり面白くないですからね

着底が分からないとエギのロスト増えるし
どこにエギがあるか分からないんで
何やってるか分からん状態になりますからね^^;

アジングやってる方ですからアタリの取り方は
問題ないと思いますけどアタリを取れるロッドか
どうかが少々心配です。。。

どちらにしても天候次第ですね!
風と潮が弱ければ底取りもアタリも簡単に取れますけど
強風早潮の場合は誰がやっても難しいですから^^;

でもkawazoさんはエギングが上手な上に
色んな釣りを知ってるのでなんの問題も
ないと思いますよ~

ていうか釣りの楽しみ方を凄く知ってる方だから
多分楽しんでいただけるんじゃないかと思ってます♪

ただ・・・私は時化男ということをお忘れなく(笑)

No title

こんばんは~(おはようゴザイマス?)

青物釣りに出掛けようと思ったんですが、
予報より早い雨で断念しましたv-40

指摘事項
ラインの出が止まることで着底が分かります
着底してもラインは出続けますから見逃さないようにして下さい

文面がおかしいですよv-237

正解は
「エギ側のラインが止まる若しくは、一瞬のヨレが発生する」
ですねv-218
船が流れているのであれば、
リール側のライン放出は出たり止まったりの繰り返しです
あと、ラインの引っ張られるのが見やすいように
Z時型』に水面に描くようにすると良いんですが、

空中でロッドを振ると思うようにラインを出せないので、
ティップを水面に各折り返しの部分にだけ浸けて出すと美味く出しやすいです

ここは重要なポイントなので、余計なアドバイスをv-354

No title

お疲れ様です~~~♪♪

ティップラン面白いですね~!

虜になりました(笑)

あの小さい当たりでイカを掛ける面白さ!ヤバいですね!!

分かりやすいです。

 釣っている人が言うと説得力がありますねーv-411
分かりやすい説明です。

前に書かれていたシャクリ時のエギのキレ、初速?
もちろん、ゆっくりシャクル事もありますが、
自分もシャクリの初速は、
イカのスイッチを入れる、すごい大事なことやと思ってます。

これからの更なるホゲ釣果期待してます。


レイさんへ

こんばんは♪

凄い時間にコメントしてますね!
レイさんの仕事時間知らなかったら
どんだけ年寄りかと思われますよ(笑)

ご指摘ありがとうございます!!

言われてみれば「ラインの放出」という表現は
知らない人から見ればリールからのライン放出を
イメージさせてしまう場合もありますね。

表現を後で修正入れとこうかと思います。

Z字型も分かりやすいですね!
ラインをクルッと回すのも分かりやすいし
グチャグチャって糸ふけ出すのが分かりやすい人もいるし・・

これはその人その人のやり方があると思うし
これを文面に書くとちょっと分かりづらいうえに
かなり説明文章が長くなるので、最低限ロッドを
上下に振ってスラック出すのさえやらなければ
後は各自で色々考えてやるんじゃないかな~と^^;

詳しくはコラボった時とか聞かれた時に答えればいいし(笑)

ちなみに私はロッドを水面にスーっと這わして
スラックを出す方法を使ったりします。

陸っぱりで高い堤防では絶対無理ですが(笑)

たぁくんさんへ

こんばんは♪

ティップランめっちゃ楽しいでしょ!!

これが楽しくて陸っぱりでも
ついついテンションかけてアタリを取りに
イッちゃうんですよね^^;

ブログ読ませていただきましたよ~

5ミリのアタリを取れるようになれば
かなり差が出ると思いますよ!

ゆういちさんへ

こんばんは♪

説得力ありますか?

それはイカ先生の説得力があるということです!

なぜならイカ先生がDVDの中で言ってる(やってる)ことを
そのまま文章にしただけですから~(笑)

エギの瞬間移動みたいな動きって思わずリアクションバイトを
誘発してるんだと思うんですよね~

ゆっくりシャクる時もメリハリだけは付ける・・みたいな。

でも、ゆういちさんみたくボーエギベテランの方に
そう言っていただけると何よりも自信になります!

いつか一度はコラボってみたいもんですね♪

プロフィール

マロトト

Author:マロトト
大分で陸からでも沖からでもイカばかりを狙ってます。
数釣りだけじゃなく楽しい~釣りを求めてます!
今はスパイラル釣法やライトタックルでの沖イカ釣りに興味深々♪
色々な楽しそうな釣りを紹介できたらいいなぁ~

スパイラル釣法(ティップラン)とは
スパイラル釣法(ティップラン)知るにはこれが一番
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
爆釣潮時表
ブログ村ランキング参加中
ポチっとすると我が家の猫が喜ぶにゃん♪
釣りに役立つグッズ紹介♪
ロッドホルダーや魚探等の設置にもう工具なんて古い!! このマット1枚で十分です♪ 船舶はもちろんクーラーやバッグにも貼り付けるだけ♪
リンク
検索フォーム
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。